整体療法院 同仁広大
*ご予約・お問い合わせ フリーダイヤル0120-257-278
当院の整体紹介

当院では、身体のケアに中医整体療法。そのオプションとして足浴療法を。心のケアに中医こころ療法をご用意しております。


中医整体療法
 
施術風景

当院の整体は、中国の中医大学を卒業し、中国の病院で臨床経験を持つ中医師による中医学に基づいた診断と治療が特徴です。そのために中医学独自の『弁証論治』を行います。弁証論治とは「弁証」と「論治」の2つの部分からなります。「弁証」とは四診(望診・問診・聞診・切診)によって、患者の臨床症状(自・他覚症状のすべてを含む)を収拾し、これを中医学の基礎理論をもとにして総合的に分析、分類することです。「論治」とは、弁証によって得た結論に基づいて、治療原則と具体的な治療法を決め、どのような配穴(ツボ)を用いるかを決定することです。したがって、同じ病気でも証が異なれば、治療法則は異なり、異なる病気でも証が同じであれば当然治療原則も同じになります。

例えば「肩こり」という病症でも、原因が風邪によるものや肝臓からくるものでは、原因が全く違います。また、腎臓からの疾病では腰痛があったり、膝が痛くなったり、耳に問題が出たりします。病症は全く異なりますが、これらはすべて原因となる内臓すなわち腎臓の治療が必要なのです。中医学では、このことを「同病異治」「異病同治」といい、中医学の一つの特徴となっております。


その診断法の中で特徴的かつ重要なのは、脈診と舌診です。そして施術は手技のみで行います。施術の具体的な流れは、松点揺動という流れで行います。まず体全体や局部をやわらかくし、それから点穴(ツボを押す)をします。この時に、証によっては子午流注という時間配穴法を用いることもあります。この子午流注(時間配穴法)とは、現在の日時でどの穴が開いているかを計算し、より施術効果の高い穴を選んで配穴するという最も優れた配穴法です。そして、身体全体の陰陽、気血、臓腑の平衡をとります。


詳しい中医学の説明はブログ中国医学講座へ

〜ご予約はこちら〜
 
中医足浴療法
 
足浴風景

足浴療法は、皮膚より吸収しやすい漢方を個人の体質に合わせて選択します。膝下までゆったりと浸かり、漢方が浸透してくるのを感じていただけます。その効果は整体療法と組み合わせることにより、絶大な効果を引き出します。特に虚証や寒邪による冷えのある方にはお薦めです。

〜ご予約はこちら〜


 
中医こころ療法
 
こころ療法

 こころ療法は、中国医学の基礎理論をもとに原因をもとから解決していくことをおすすめしています。心の問題は、「もう、いいや」で一旦は収まったように感じていても、実は、本心は納得していなかったりするもの。それでは何の解決にもなりません。その解決法を3つの因で、紐解いていきます。因時、因地、因人です。

はじめの因時は、時間や時期の問題。たとえば、過去に負った出来事がいつまでも深層心理にとげとして残っていたり、将来に対する不安であったりが因時です。次の因地は、地の問題。今、生活している大地。すなわち環境も含めた周囲の問題です。人間関係などが大きくウエイトを占めています。最後の因人は、人の問題。特にこの場合はご自身が中心となる考え方などに原因を見いだします。したいことがわからない。人が気になる。すぐいらいらしたり感情がコントロールできない。こんな状態にも必ず原因があるのです。

これらを総合的に考え、自分の心の整体をしてきます。こころ療法の進み方は、マニュアル通りの決められた診断を行うのではなく、人それぞれオリジナルメニューになります。いろいろな悩みを解決するために、次のようなコースを行いました。


○対人コミュニケーション対策

まず、自分自身の考え方のくせを把握し、コミュニケーションのトラブルを回避し日常生活のストレスを解消していきます。過去の事例や具体的な周囲の方の対策をもとに進めていきました。この際に使用したワークはフラストレーション・シーンです。


○キャリアデザインサポート

自分がこの先どうなっていくんだろうという、漠然とした不安の原因のひとつに目標や人生の目的が明確になっていないケースがあります。このケースでは、自分が大切にしていることや考え方を明確にするところから始まりました。そして、それにブレーキをかけている原因を探し、「やりたいことをしてもいいんだよ」と自分自身にOKを出せる心のサポートをしていきました。このケースでは、キャリアデザインと自己概念テストを中心に行っています。


○パーソナルカラー療法

人から誤解されやすい。なぜか人からきつく印象を持たれる。もしかすると、あなたの本質と見た目のギャップ原因かもしれません。なぜそんなことが起きるのか?その対策に色彩心理学を使いました。色は第一印象とイメージを構築します。まず、あなたにあうパーソナルカラーを100色のドレープを使いみつけていきます。そして、心理ワークをしながらあなたのありたい姿と色の持つ意味を説明し、そのギャップを埋めていくワークを行いました。メイクを指導するケースもあります。


○個別心理学アカデミー

心の問題の原因が必ずしも自分だけではありません。時には大切な相手にも心のくせがあるときがあります。そのためには心のくせのメカニズムを知る必要があります。その理解のために心理学アカデミーを行いました。6回コースや12回コースも行いましたが、必要とする部分を中心に理論と応用を学習しながら悩みを一緒に解決していきました。


他にも様々な形で進めていっています。学校の保健室に行くような気持ちで、こころ療法の部屋をのぞいてみてください。


                
中医こころ療法の詳しい紹介はこちら
〜ご予約はこちら〜


*

 
脈診
 
脈診

脈診の部位は両手首の寸口にてとります。その速度、深浅、太さや緊張、リズムを見ることにより、臓腑や気血津液の陰陽虚実を知ることができ、それにより病証や病気の予後などを分析することができます。面白い例としては、脈診のみで妊娠中の胎児の性別なども分別することもできる、というのがあげられます。当院ではすべてのスタッフが脈診をすることができます。


舌診
 
舌診

臓腑の異常は舌に反映しています。舌質、舌体、舌苔とさらに詳しく分けられ、舌の運動や、つや、苔質、苔色を診ていきます。これらは病証の寒熱や虚実を分類するのに有効な手段となります。


同仁広大 中山手教室:神戸市中央区中山手通1-26-2/301号
Copy right(c)2006 Dojin Koudai All rights reserved.